ザ・シューターシーズン3 1話(原題THE SHOOTER)

the shooter

大きな流れではシーズン2の完結話。ついにvsソロトフが決着です。シーズン2が結構絶望的な状態で終わっていたのでそこからどうなるのかと思っていたら、そこが伏線かと驚かされました。

【作品概要】

公開:2018年

上映時間:42分

企画・製作総指揮:ジョン・ラヴィン

出演キャスト:ライアン・フィリップ、オマー・エップス、シンシア・アダイ=ロビンソン他

あらすじ

 捕らえられたボブ・リーは昔の辛い記憶を思い出していた。アイザックとジュリーがボブ・リーを捜している頃、メンフィスは悪徳上院議員に詰め寄るが…。

感想

ソロトフとの戦いが完結。他の登場人物と比べるとこの二人が抜けていて、かつソロトフのほうが少し格上という感じを受けてシーズン2が終わっていたのでここからどうするのかワクワク楽しめました。

 

捕まっていて銃撃による怪我をしていることもあり、海兵隊の救難信号やら駆使して何とかしようとするんですが、駆け付けてくる救援がことごとく役立たず…。簡単に検問を突破されたり、タイミングが遅かったり…。

結局自分でどうにかするしかないんだよってとこでパパスワガーの言葉を実践していたことで辛くも勝利を収めるという。

 

シーズン1でも娘がボブ・リーの言葉を実践するシーンがありましたが、こういう父から子へスワガー家の家訓のようなものがしっかり伝わっているっていうのはいいなぁと思いました。

 

ソロトフも好きなキャラだったのでいなくなるのがさみしいんですが、影の暗殺者としてはらしくない行動をしていたのは文字通りブラック組織でこき使われて精神的に疲れていたんじゃないかと思うので安らかに眠ってほしいです。

評価:9/10点

この話がシーズン2に入っていたら総合で間違いなく満点だったのに…。

ここから今後何が起きるのか目が離せませんね!