ミック・テイラー史上最強の追跡者(原題Wolf Creek2)

ミック・テイラー

↑これだけ見ると主人公感…

ぶっ飛んでるなーって思いながら見終わってからの実話かもしれない恐ろしさ。

【作品概要】

公開:2013年

上映時間:106分

監督:グレッグ・マクリーン

出演キャスト: ジョン・ジャラット、ライアン・コアー、シャノン・アシュリン他

あらすじ

オーストラリア内陸の荒野に住むベトナム帰還兵のミック・テイラーは、外国人観光客の若者を見つけては拉致・監禁し、拷問した上になぶり殺すサイコキラーだった。そんなミック・テイラーに狙われることになってしまったバックパッカーたちは何とか生き延びようと必死の逃亡を図るが、ミックの容赦ない追跡を受け、次々と殺されていく。

感想

ミック・テイラー破天荒すぎて笑える。

特に車がダメになったせいで被害者逃げきれるかも…って思わせてからの車乗り換えで再登場は面白すぎる笑

 

だけどジープvsトレーラーのカーチェイスで荒野ならジープのほうが優位なのに荒野に逃げずに舗装路をずっと走り続けるのは何故なのか…

逆に荒野でそのカーチェイスやったほうがミック・テイラーの破天荒っぷりが出せて面白くなったんじゃなかろうか?

そうすれば申し訳程度のオーストラリア要素として友情出演させられたカンガルーがとばっちりを受けることもなかったかもしれないのに…

 

うそか本当かわかわない実話をもとにした映画らしいけど本当だったらオーストラリア怖すぎる…

けどアウトドアとかで人少ないところに行くと、今突き落とされたら誰にもばれないな…って思うことあるからこういう事件誰も知らないだけで世界中で色々あるんだろうなと思えてしまう。

評価:7/10点

こういう系の映画だとやられても別に…ってしか思えない被害者が多いけど、そういうキャラからまともっぽいキャラに転換できた流れは“理不尽すぎる!”って感情移入出来て良かった。