ウインド・リバー(原題Wind River)

ウインド・リバー

やっぱり寒冷地×サスペンスは重苦しさがたまらなくいい!

【作品概要】

公開:2017年

上映時間:107分

監督:テイラー・シェリダン

出演キャスト: ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル他

あらすじ

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバートは案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナーの捜査に協力することに。ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する…。

感想

少数民族の行方不明…って設定必要だったのか???

少数民族に限らずとも僻地での事件性ありそうな行方不明者を警察とかがなあなあで終わらせているって話は世界中に転がっていると思うんだけど。

 

あと、話が進んでくるにつれて、色々なところで対比とか象徴がちりばめられているように感じていたんだけど、その辺が思ってたのと違ったみたいでちょっと消化不良感が残った。

序盤に被害者が逃げるシーンと最後に犯人が逃げるシーンは対比させてあると思うんだけど、主人公にピューマを追う役目を与えていたのもあって、そこにピューマも絡んでくると思っていた。

(被害者と犯人が同じ死に方だと観客にモヤモヤ感が残りそうだから、より残酷に退場してもらうため)

それがなぞったような同じ最期を迎えたというのは、あくまで自然は全ての人に対して平等って考えがあるような気がした。(深読みしすぎ…?笑

 

でもそんな言っても寒冷地×サスペンスの物語が持つ重苦しさがあって雰囲気は大好き笑

評価:7/10点

物語の展開が腑に落ちないと思ってしまうところもあるけど、そういう考えもできるなとも思える。何より寒冷僻地の重苦しさがたまらない。