V.I.P.修羅の獣たち(原題:V.I.P.)

V.I.P.修羅の獣たち

エンディングで多少やり返したとしても拭えないフラストレーションが残った…

【作品概要】

製作:2017年

上映時間:128分

監督:パク・フンジョン

出演キャスト: チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、イ・ジョンソク他

あらすじ

韓国の国家情報員とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の容疑者にされたことをきっかけに、これを隠蔽しようとする者や捕らえようとする者、復讐しようとする者など、それぞれの目的を持った男たちの運命が交錯するさまを描く。北朝鮮から亡命した高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の容疑者として浮上し、チェ・イド警視はグァンイルを追う。しかし、その行く手に国家情報員の要員パク・ジェヒョクや、保安省所属の工作員リ・デボムといった人物が介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

感想

韓国の俳優さんに関する個人的感想。

韓国の俳優は中年の渋い人はカッコいいなーって思う人多い。

若い優男タイプはカッコよさ感じず普通に気持ち悪く思ってしまう人が多い。

今作みたいな内容だとむしろそれがマッチしてていいんだけど。

 

反面CIAの俳優さんはちょっと無能感がありすぎてなんだかなって感じ。

最近となっては唯一の敵である中国に関わる部分をこんなやつに担当させないだろと思ってしまう。

 

おそらく普通に見てたら警察側に感情移入して見てしまうと思う。

めっちゃいい映画だと思うんだけどそのせいで見終わってもフラストレーションがすごい。

エンディングでそこそこやり返してくれたけど全然足りない。

そう考えると現実の同じような事件で犯人が死刑にすらならずいずれ出てくるってなった場合の遺族はどんな気持ちになるんだろうか…

評価:8/10点

韓国俳優の渋さが光るいい映画だった。