ディスタービア(原題paranoia)

ディスタービア

主人公が、親友と覗かれたい派?の美人と一緒に、ヤバそうな隣人を覗く話。

【作品概要】

公開:2007年

上映時間:104分

監督:D・J・カルーソー

出演キャスト:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、キャリー=アン・モス他

あらすじ

父親を自動車事故で亡くし、自暴自棄になった少年が、傷害事件で3か月の自宅軟禁処分に。暇つぶしに近所を覗き見するうちに、隣人の行為を不審に思い始める。

感想

総合的にはスリラーだけど中盤までは青春ものみたいな流れ。

親友と隣に引っ越してきた美人さんとご近所さん覗いて遊ぶとかなんて青春。

美人さんはいなかったけれど小さい頃似たようなことやったなーと懐かしくもなりました。

 

この作品での一番の謎は隣の美人さんの性癖。

主人公がご近所さんを覗いてたらその中に美人さんがいて、プールで泳いでたり着替えてたりするから当然覗いているんですが、それを知った後でさらに親密になるという謎な流れ…

心が広いというよりも見られたい派なのか…???とよくわからない疑問が生まれました笑

 

本筋の事件にしても終盤に多数の被害者や遺品が見つかりますが、犯人怖い!って感想より、え…警察ザルかよ…としか思えませんでした笑

明らかに色々ボロ出してそうだし…

 

でもザル警察はおいといて、そういう自分にはおかしさが分かっているけど周りはわかってくれないという状況で、だれも味方してくれない中あいまいにじわじわ怖いって状況から緊張感が増して行ってキュッと怖くなるっていう感じが良かったです。

評価:6/10点

青春感とそれを犯す隣人のせめぎあいが良かった。ただ隣人がいかにも何かやってそうな人だったのと犯行の雑さがイマイチだった。町の良心みたいな人が実はやっててちょっとした違和感から疑い始めるみたいなのが良かったかもしれない。