ブラック・シー(原題:BLACK SEA)

ブラック・シー

職人気質のロシア人がいいアクセントになってる。

【作品概要】

公開:2014年

上映時間:114分

監督:ケヴィン・マクドナルド

出演キャスト: ジュード・ロウ、スクート・マクネイリー、ベン・メンデルソーン他

あらすじ

海難救助専門家のロビンソン(ジュード・ロウ)は、11年続けた仕事を失ってしまう。そんな折、金塊を積んだまま黒海に沈没したといわれるナチスドイツの潜水艦のうわさを聞いた彼は、金塊の引き揚げを考える。ロシア人とイギリス人によって構成されたメンバーで挑むが……。

感想

イギリス人だけじゃなくてロシア人も入れたのはいい采配だった気がする。

たぶんイギリス人だけでもめ事ってなってたら結構胃もたれしてそう。

職人気質のロシア人とダメな感じのイギリス人って対比が良かった。

 

映画で、退役軍人が”社会のせいで上手くいかない…”みたいなのよく言うけど、見てるとだいたい本人に問題あるとしか思えない。

しかもどっちかというとロシア側はしっかりしてるけどイギリス側はしょーもないってイメージなのはなんだかなぁ…

軍事国家かそうでないかの違いなんだろうけど。

 

主人公の道中の判断が悪いみたいになってるけど、どっちかというとおバカを仲間に率いれた判断が悪いだけな気が…

なんで大抵退役軍人集めてなにかをやるってなると一人はおバカがいるんだろうか…って考えると最初の話に行き着いちゃう。

評価:5/10点

ロシア人の職人感がとてもいい。