クライムダウン(原題A Lonely Place to Die)

クライムダウン

ソロ登山が少し怖くなる作品笑ちょっとした登山技術にモヤっとする。

【作品概要】

公開:2011年

上映時間:99分

監督:ジュリアン・ギルビー

出演キャスト:メリッサ・ジョージ、カレル・ローデン、エド・スペリーアス他

あらすじ

5人の登山者は、地中から助けを求める少女を発見。誘拐監禁されていた少女を保護した5人に、誘拐犯の魔の手が忍び寄る。果たして、生きて下山できるのか…。

感想

ソロ登山が少し怖くなる作品笑

登山シーンはおおむね満足だったんだけど、中盤で崖をロープダウンするシーン。岩で確保とって降りてるけど、素人目に見てもその支点で大丈夫か???と思わずにいられなかった。そして、そのロープを降りていって言うには“下まで届かない!!!”と。

最初降りる前にわかるでしょ?!?!?!

そのために新たに確保とって支点作って、数ピッチに分けて降りていくんじゃないの…?

という感じで、プロクラスのクライマーみたいな感じだったはずなのになぁ…と少しモヤっとしました。

 

それでも、その後の主人公達vs誘拐犯の追走劇はそこそこ緊張感あって楽しめました。残念だったのは誘拐犯が自分の武器を持ってきておらずその辺の狩人から奪ったスナイパーライフルを使うせいか当てるのが下手で何発も撃ってしまうこと。作戦を考える知能がないんだろうなぁと思わざるを得ない感じ。

 

ラストには本当に怖い人が出てくるけど何がしたいのかはよくわからなかった笑

評価:6/10点

獣道ですらない山中の追走劇はワクワクした。