22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

映画の内容とは関係ないけど、犯罪者の告白本とか手記とか読みたい理由が分からない…。

【作品概要】

公開:2017年

上映時間:121分

監督:入江悠

出演キャスト:藤原竜也、伊藤英明、竜星涼他

あらすじ

時効後に名乗り出た、殺人の告白。かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曽根崎雅人という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曽根崎の搭乗にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信して、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった…。

感想

素性もしれないやつが「私が犯人です」って名乗り出たからって皆信じ込んでる状況に違和感しかない。現実にこれあったら、ただ乗っかって稼ぎたいんだろってしか思えない気がする。

 

そもそも本人かも分からない時効になった自称殺人犯の告白本をわざわざ読みたがる人の心境が分からないんだけど…脳みそあるのかなって思う。

 

展開的にはテレビ番組を使った展開が結構面白くて、自称真犯人対決くらいまでは良かったんだけど、それ以降が狙った感ありすぎてもうちょい工夫とか意外性が欲しかったような。

評価:7/10点

一度最高潮に盛り上げてから落ちた後の展開がもうひとひねり欲しかったけど全体的に面白かった。