デッド・ドント・ダイ(原題:The Dead Don’t Die)

デッド・ドント・ダイ

何故少年院の職員はスキンヘッドの屈強な男ばかりなのか…

【作品概要】

製作:2019年

上映時間:104分

監督:ジム・ジャームッシュ

出演キャスト: ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン他

あらすじ

アメリカの田舎町センターヴィルにある警察署に勤務するロバートソン署長とピーターソン巡査、モリソン巡査は、他愛のない住人のトラブルの対応に日々追われていた。しかし、ダイナーで起こった変死事件から事態は一変。墓場から死者が次々とよみがえり、ゾンビが町にあふれかえってしまう。3人は日本刀を片手に救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダとともにゾンビたちと対峙していくが……。

感想

エンディングぶっ飛びすぎてて噴き出してしまった。

ある意味面白かったわ。

でも正直ネタなのかわからない絶妙なラインせめてくるの困る…

 

適応力高い人多過ぎて逆に正常な反応してる女性警官がとても新鮮に見える笑

 

森の住人とか若者旅行者とか少年院の子供たちとか何か話に絡んできそうな雰囲気を出してた奴らは何だったのか…?

ネタに走るのはいいんだけど意味のない寄り道は勘弁してほしい。

 

そして最大の謎は何故少年院の職員はスキンヘッドの屈強な男ばかりなのか…

評価:5/10点

真面目に見ると損をする系の映画。肩の力を抜いて見るのが◯。