終末へのカウントダウン(原題The Darkest Dawn)

終末へのカウントダウン

エイリアンが攻めてきたドキュメンタリー風映画。

【作品概要】

公開:2016年

上映時間:75分

監督:ドリュー・キャッソン

出演キャスト:ベサン・メアリー・リドリー、チェリー・ウォリス、スチュアート・アーシェン他

あらすじ

突然のエイリアンの襲撃でカオスと化した町。生きて地獄を脱出すべく、狂乱する生存者たち。2人の姉妹が、サバイバルを賭けて、壮絶な戦いに挑む。

感想

エイリアンが攻めてきたドキュメンタリー風映画で、起こっていることは何となくこういうことなのかなと推測は出来るけどわけがわからん。でも、実際自分の身にこういうこと起こったら、わかるのはこの程度のことかなという感じがするので、この映画のスタイルでいくのなら問題ないと思った。

どっちかというとそういうのは些細なことで、追い詰められたときの心の動きを主に表現したかったのかなーという気がする。それにしても各人の内面がそこまで掘り下げられてない状態で始まるので消化不良感が否めない。

 

その他にも序盤に特殊な血液型っていう話題を入れてきたから、何か後で使うんだろうなと思ってたらその通りでさすがに安易すぎ。もう少しさりげない感じで伏線はってほしかった笑しかもその使い方自体もさすがに無理あるんじゃ…って設定だったのでもうひとひねりが欲しかったような。

 

さらに一応軍人という触れ込みで出てきたやつらがいたけど明らかに武器が古すぎた気がした…。もしかしたら今は使っていなかった古い地下基地で補充した武器とかなのかもだけどそれならそうでそこはちゃんと説明が欲しかった。軍人と言いながら、実はただのミリオタ一般人?みたいな変な方向に進みそうでそわそわする笑

評価:5/10点

色々足りないなとは思うけど、かと言って全然面白くないわけでもない。そんな感じ。