SLENDER MAN(邦題スレンダーマン 奴を見たら、終わり)

スレンダーマン

ちがうだろーと言いたくなりそうな感じ。スレンダーマンの何が怖いのかをわかっていない作り方でした。

【作品概要】

公開:2018年

上映時間:93分

監督:シルヴァン・ホワイト

出演キャスト:ジョーイ・キング、ジュリア・ゴルダニ・テレス、ジェズ・シンクレア他

あらすじ

仲のいい4人組の女子高生がいつものように集まっていた時、ウェブ上のとある動画を見てしまう。それからというもの日常の中にスレンダーマンの影を感じるようになってしまい一人また一人と異変に襲われていく…。

感想

全く1ミリも怖くなかったです。

アメリカホラー的おどかしの陳腐バージョンのようなのばかりで全然なんとも思えない怖さでした。

スレンダーマンの怖さって最初に作られたらしい写真のようにただいるだけで怖いってものだと思うんですけどそれを本物のモンスターみたいに動かすとは…真に陳腐な作りです。

スレンダーマン写真

こういう風に影をちらつかせるだけでいいんですけどね。

 

途中の流れ的に、最初に出てきた動画見ると見た人は頭がおかしくなる(サブリミナル的な?) 展開かなと思いきやそうでもなかったのですが、スレンダーマンの始まりが都市伝説ということを考えるとそういう流れのほうが良かったんじゃないかなーと思ってしまいました。

 

で、個人的一番の衝撃。

見てて主人公と思ってた女の子が主役の立ち位置ではなかったこと。

エンドロール見て名前の並びで、えっ!?と思い、公式サイト見ても並びは同じ。ダブル主演とかなのかもしれないけど名前後の子のほうが明らかに主役ぽかった。

評価:2/10点

C級ホラー。それ以上でも以下でもないです。