クリスティ(原題Kristy)

クリスティ

若干美人の逆襲物語。そこそこ面白いのに謎が謎のまま…

【作品概要】

公開:2014年

上映時間:85分

監督:オリヴァー・ブラックバーン

出演キャスト: ヘイリー・ベネット、アシュリー・グリーン、ルーカス・ティル他

あらすじ

感謝祭シーズン。友人たちが続々と実家へ帰省する中、帰るお金がなく大学の学生寮に残ると決めたジャスティン。彼氏のアーロンも帰省し、一緒に過ごすはずだったルームメイトも休養で実家に帰ってしまったため、彼女は寮内にたった1人で生活することに。ある日、夜中にスーパーへ向かうと、気味の悪い女と出会う。女はジャスティンの後をつけ、何故か「クリスティを見つけた」とつぶやく。恐怖を感じ警備員に伝え、寮に戻ったジャスティン。しかし彼に電話をかけようとすると電波が妨害され「クリスティを狩れ」とメッセージが聞こえる。女は仲間を連れ、警備員を殺し、既に学生寮に侵入してきていた―。彼らは一体何者で、クリスティとは誰なのか。

感想

主人公はそこそこ美人だけど美人過ぎず哀愁を誘う感じなのがいいね。

あと普通の女子大生なのにわーきゃー言うだけじゃなくて頭使って逃げようとするのもいい。

 

こういう襲撃されて逃げる系の映画見てていつも思うけど、無理に動こうとしないで外に逃げたように欺いて室内にとどまって隠れていればどうにか出来そうって思っちゃうわ。

狩りに夢中になって自分が狩人と思い込んでいるアホども相手なら図書館とか本棚の上に伏せてれば余裕で回避できそう笑

 

見てて一つ謎だったのが、敵のうち1人の正体分かってショック!ってなってるけど誰???

もしかしたら途中で出てきた誰かかもだけど、もしそうなんだったらもっとわかりやすくしてほしかったわ。

評価:6/10点

どっちかというと面白かったんだけど結局クリスティって何なのか?