IT/イット“それ”が見えたら、終わり。(原題IT)

IT

子どもの頃ってこんなわけわからんの怖いよね…

【作品概要】

公開:2017年

上映時間:187分

監督:アンディ・ムスキエティ

出演キャスト: ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、ソフィア・リリス他

あらすじ

とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが…。

(↑このサムネ、映画見るまでずっとコラ画像だと思ってた…)

感想

子どもの頃ってこんな訳が分からないやつ怖いよね。

高熱を出して寝込んでいたとき、なぜかわからないけど布団が怖くて泣き叫んだ記憶がある(謎)

 

だから怖いのは怖くて面白いんだけど、子どものほうが感じるというか見える恐怖かなと思った。

正直なところで言えば、大人になって見てるとよく言ってもギャグホラーって感じかなって気がする。

 

と言いつつもこれ見た直後の旅行先で、この作品と同じような道端の雨水の流入口があり若干怖くて距離とって通り過ぎたのは内緒の話笑

評価:7/10点

夏休みとかに子どもを集めて見せたい映画笑