オブジェクト(原題Dark Was the Night)

オブジェクト

モンスターパニックを期待して見るとダメかも。家族物+ジワジワ系ホラーな感じ。

【作品概要】

公開:2015年

上映時間:98分

監督:ジャック・ヘラー

出演キャスト:ケヴィン・デュランド、ルーカス・ハース、ビアンカ・カジリッチ他

あらすじ

孤立した小さな町の近くの森で、森林伐採者が連絡の取れなくなった仲間の切断された腕を見つけるが、彼も目に見えない何者かに惨殺されてしまう。

感想

暗めな雰囲気は結構好きだったんだけど、普通に考えるとかなり地味笑

モンスターパニック系かと思いきやそういう場面は終盤少しだけで、あとは家族やご近所さんとの人間関係とかのヒューマンドラマよりな内容。

 

闇の中、視界の端やライトの端を怪物がすっと移動して、「何かいる!」って怖がらせるのは、じわじわ恐怖が近寄ってくる感じがして楽しいんだけどさすがにそれが長すぎるかなという印象。

中盤に一回、誰かやられる犠牲者を設定して、その人の視点で何に襲われているのか表現しても良かったかもしれない。

 

あと、演出のために仕方ないんだろうけど、さすがに画面が暗すぎてわかりにくすぎ…

終盤に向けて勢いづいていく場面なのに、何かが起こっているぽいけど何が起こっているかはわからんって場面が多すぎた笑

評価:5/10点

そこそこ好きだったけど目を凝らして見続けないといけないのは辛い。あともうちょい見せ場が欲しいところ。