バクラウ 地図から消された村(原題:Bacurau)

バクラウ地図から消された村

結局なんなのよって思ってしまった私はこの映画を評価している人に意見を聞きたい。

【作品概要】

製作:2019年

上映時間:131分

監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ、ジュリアノ・ドネルス

出演キャスト: ソニア・ブラガ、ウド・キア、バルバラ・コーレン他

あらすじ

村の長老・老婆カルメリータが亡くなったことをきっかけに、テレサは故郷の村バクラウに戻ってきた。しかし、テレサが戻ったその日から、村で不可解な出来事が次々と発生。インターネットの地図上から村が突然姿を消し、村の上空には正体不明の飛行物体が現れる。さらに、村の生命線ともいえる給水車のタンクに何者かが銃を撃ち込み、村外れでは血まみれの死体が発見される。めったに訪れることのない他所者が村を訪れたことをきっかけに、暴力と惨劇が幕を開ける。

感想

最初、UFO???が出てきて、この映画のジャンルがよく分からない…とまず困惑。

雰囲気はいいのに敵がショボすぎて悲しい。

やり手感だしてるけど1家族しかいないただの農場制圧するのに苦労したとか言ってる時点で論外なんじゃ…

 

そして時々イヤホンに何か流れてきて操られてんじゃないのってくらい意味不明な行動してるから、UFOはドローンと見せかけて宇宙人なんじゃないかと思えてくる。

 

結論、結局なんなのよ感が否めない。

評価:2/10点

自警団は結構かっこよかったのに上手く機能していない感じがもったいない。