ラ・ヨローナ~泣く女~(原題:The Curse of La Llorona)

ラ・ヨローナ~泣く女~

死霊館とかの関連作らしいけど特にそんな感じもせず。なのでそれ目当てで見ると×だけど単純に見ればそこそこな感じ。

【作品概要】

公開:2019年

上映時間:93分

監督:マイケル・チャベス

出演キャスト: リンダ・カーデリニ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス他

あらすじ

愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂った結果、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。そのことを後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。呪いとなってこの世をさまようヨローナは、子どもたちをさらっていく。1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまうヨローナの呪いだった。そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、アンナの2人の子どもたちだった。

感想

旦那が浮気したからって謎に子ども殺しといて、さらに悪霊化して他人の子ども殺して回るとかなんて迷惑な奴なんだ…

 

死霊館とかの関連作品らしいけどそこまでつながりない?ぽい。

そこを目当てに見てると拍子抜けするかもだけど、そんなの関係なしに単純に見てると雰囲気は結構好き。

 

主人公の旦那が警察官で殉職したらしいけど、それが特に意味をなしてないのがもったいない。過去作とのかかわりの中で殉職してるとかあったらごめんなさいなんだけど、単純にラ・ヨローナにやられた風な因果関係作っとけばよかったのに。

評価:4/10点

アメリカホラーの中では若干日本ホラー寄りな感じで雰囲気は好き。