息子のしたこと(原題TU HIJO)

息子のしたこと

バカな子どもたちのいさかいに巻き込まれた父親の話だけど、この人も親バカかつバカ親だったっていう…

【作品概要】

公開:2018年

上映時間:103分

監督:ミゲル・アンヘル・ビバス

出演キャスト:ホセ・コロナド、アナ・ワヘネル、アシア・オルテガ他

あらすじ

クラブの外で襲われひん死の重傷を負った息子のために、外科医の父は暴行に加担した者たちへの復讐(ふくしゅう)を誓い、自らの手で犯人を突き止めようと動き出す。

感想

一方からの見方で判断して行動すると失敗しちゃうよという教訓話。

 

素人が強引に動くことで謎が一つずつ解き明かされていく感じは面白かった。

ただ警察が無能すぎる…

わいろ貰ってごまかそうとしているとしか思えないレベル笑

まともな警察ならすぐ解決できそうな事件…

 

そして物語にそこまで関わらないけど、主人公が担当した患者のキチ親が怖い。

容体が悪化しそうだから処置に来たのにキレて掴みかかってくるとか…

今の時代変な人が増えてクレーマーがすごいのはわかるけど、これから先のお医者さんとかは手を尽くしたけどダメだったってなったら逆恨みされて“同じ痛みを味わえ!”とか言って、家族襲われるってことが普通に起こりそう…

 

エンディングがなー、全ての始末を自分でつけるみたいな終わり方にしたらよかったと思うんだけど、結構投げっぱなしで終わってるのはどういう意図で話作ってるのか謎。

評価:5/10点

雰囲気や展開は好き。