岳-ガク-

岳

まあ漫画の実写化だなーって印象。色々なエピソードを盛り込みまくったストーリーの仕立て方がへたくそに感じた。

【作品概要】

公開:2011年

上映時間:125分

監督:片山修

出演キャスト:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介他

あらすじ

日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生した。三歩の訓練を受けていた山岳遭難救助隊の新人・久美は、仲間と共に救助に向かったが、彼らを待ち受けていたものは想像を絶する雪山の脅威だった。遭難寸前のその時、三歩の取った行動は…!?

感想

小栗旬がやると三歩がただのアホに見える…

というか実写化しちゃうと感情表現がオーバーだから誰がやってもそうなっちゃうか…

 

そして、複数話にまたがるエピソードをいっぱいまとめてやっちゃってるせいで収拾つかないくらいわちゃわちゃしてた。

準主人公の久美ちゃんが新人で入ってきたところからやるからそうなっちゃうわけで、きれいにまとめるんだったらドラマで久美ちゃん入隊~慣れるとこまでやって、映画化で重大遭難の話やるとかの流れがよかったんじゃないかな。

 

あとこれ系映画にありがちだと思うけど、登山シーンにちゃんと監修ついてるのかな…と思わざるを得ないようなシーンが多かった。映画なのである程度は仕方ないと思うけど、最低限のところはしっかり描写してほしかった。

評価:3/10点

盛り込みすぎてエピソードの収拾がついてないところがやっぱり気になってしまう。