劇場版Fate/stay night [Heaven’s Feel] III.spring song

Fate stay night HF III.spring song

お姉ちゃんお兄ちゃんがちゃんとお姉ちゃんお兄ちゃんしてて泣ける…

【作品概要】

公開:2020年

上映時間:122分

監督:須藤友徳

出演キャスト: 下屋則子、杉山紀彰、植田佳奈他

あらすじ

「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」少年は、真実からもう目を逸らさない。少女を救うために。自分の選んだ正義を貫くために。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が万能の願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。その戦いは歪んでいた。ひとりの少女――間桐 桜は犯した罪と共に、昏い闇に溺れてしまった。桜を守ると誓った少年・衛宮士郎は遠坂 凛と共闘し、「聖杯戦争」を終わらせるため、過酷な戦いに身を投じる。イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者として、その運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して己が悲願を叶えようとする。

「だから──歯をくいしばれ、桜」 

激しい風に抗い、運命に挑む少年の願いは、少女に届くのか。終局を迎える「聖杯戦争」──。最後の戦いが、遂に幕を上げる。

感想

もはやこのくらいは当然感ある戦闘シーンは言わずもがな。

ufoableに任せとけば問題ない感ある

 

それもさることながら兄弟姉妹問答がめっちゃよかった。特に凛が本当は心にもないであろうキツイことを言ってるところは映像表現も演技もよくて凛本人も傷ついてんだろうなと思いつつちゃんとお姉ちゃんしてるなと感動した。

 

あとね、セイバーとオルタの演じ分けがすごすぎてスゴイ笑

あのシーンは見てる人みんな“あっ…”ってなったはず。

 

全体的に良かったんだけど、個人的に気になったのは、言峰神父と虫爺の戦闘シーン。神父めっちゃかっこよかったんだけど、せっかくの魔術詠唱がBGMに若干負けててBGMちょっとうるさいなあって感じてしまった。

せっかく詠唱もBGMもかっこいいのにもったいなかった。

 

あとこのエンディングで“幸せです”でいいのか?って思った。

原作やってないせいで理解できてないだけなんだろうけど、この終盤の流れだけであの士郎を元の士郎と同一人物としては自分には見れなかった。

 

今となっては見に来る層は原作やってない人も多いだろうから、今作の前半と後半を半分に分けて全4部作でやって終盤をもっと詳細にやってくれてたらうれしかったような。

評価:9/10点

原作やってないから想像で補わないといけない部分もあったけど、それでも十分面白かった。