ホワイトハウス・ダウン(原題:WHITE HOUSE DOWN)

ホワイトハウス・ダウン

マスコミがバカすぎるのにちょっとイラっとするけどアクションが激しくてよい。

【作品概要】

公開:2013年

上映時間:131分

監督:ローランド・エメリッヒ

出演キャスト: チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール他

あらすじ

大統領ジェームズ・ソイヤーを警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴らしも兼ねて彼女を連れてホワイトハウスの見学ツアーに参加する。だが、そこへ謎の武装グループが乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧した上に大統領とケイルの娘らを人質にして籠城。未曽有の事態に全世界が混乱する中、ケイルは武装グループに挑む。

感想

人質が頑張って犯人の動画をネットにあげてるって時に顔写真付きでそれを報道するマスコミはその人質に死んでほしいんだろうか???

 

結構脇役のキャラが立ってて良かった。

特にホワイトハウス説明ツアーの案内人は途中離脱のフラグが立ってるような雰囲気だったのに意外な活躍笑

ただ、カスのハッカーが他人にやられずに意味不明な自爆したのだったり、主人公でもないのに命令聞かない軍人がいたり中々納得いかない箇所もあったけど。

 

最後はハッピーエンドだねーまではいいけどそこからの全世界があなたに賛成!な展開は無理がありすぎる。

せめてその件についてロシアから会談の申し出があったくらいでは?

明らかにアメリカ国内でゴタゴタしてる時に、◯って返事するロシアなんてロシアじゃない。

評価:7/10点

最後は、ん?ってなったけどアクションも激しくて中々良かった。