ボーダーライン(原題Sicario)

ボーダーライン

2よりも後に1を見てしまった笑。静かにピリピリした感じが好き。

【作品概要】

公開:2015年

上映時間:121分

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

出演キャスト:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン他

あらすじ

FBI捜査官は特殊部隊に抜擢され、メキシコの麻薬カルテルを追う極秘任務へ。法律も倫理も無意味な激しい麻薬戦争の最前線で、彼女の善悪の境界が崩壊していく。

感想

映画って雰囲気作りが大事だと思うんですがこの映画はそれがうまくできてる気がします。

特に好きなのが暗闇をヘリコプターで進むシーン(?だったかな?) のおなかに響いてくるのようなBGM。一気に緊張感が高まり、作戦チームに自分も入っているかのような気分にさせてくれました。

 

そしてとにかくベニチオ・デル・トロの渋い感じが静かな仕事人って感じでこの作品にマッチしてる。さらにさらに疲れた感じや悲哀も出てて、何かあったのかなと思う視聴者達(劇中で戸惑っている主人公と同じくらい情報がない)にその過去をつまびらかにしていく流れ。復讐の終着点は来るのか、来たとしたらその後どうなるのかが気になります。

 

そういう流れなので、主人公いる意味あるのか?と思っていたら本当に要らない子だった笑

これを知って続編に出てなかったのも納得。

でも悔しい思いをしていると思うので、鍛えまくった設定で続々編に出して復讐を終えたアレハンドロを殺して止めるみたいなのを期待したい。

評価:7/10点

仕事人って感じや緊張感ある作品好きな人にはいいかも。

家の壁に死体埋め込んだり陸橋に死体吊るしたり、一瞬だけど過激なシーンもあり。