ガーディアン(原題:Schutzengel)

ガーディアン

クズ少女のクズさが払しょくされないのに、その子を守るためにいい人が亡くなっていくのは悲しい。

【作品概要】

公開:2012年

上映時間:132分

監督:ティル・シュワイガー

出演キャスト: ティル・シュワイガー、ルナ・シュワイガー、モーリッツ・ブライブトロイ他

あらすじ

武器売買の実業家バッカーに恋人を殺され、その現場を目撃してしまった女性ニナは、真実を法廷で証言しようと決意。担当検事はニナの身を守るため、アフガニスタンの戦場から帰国した元軍人マックスを彼女の護衛に付ける。しかし、ニナの証言を阻止しようと、バッカーは圧倒的な銃火器を駆使する傭兵団を放ち、2人を追い詰めていく。

感想

アクションは結構好き。

戦争に疲れてるけど戦うことでしか生きていけない悲哀が主人公からあふれているのもいい。

 

ただ守られる女の子側がどうしようもなさすぎて何も感情移入できない。

部外者をホテルの部屋に入れるウェイターもバカだし、当たり前のようにその部屋からPCを盗もうとする女もバカ。日本ならまだしも他の国で部屋に忍び込んでたら射殺されても文句言えないと思うのが普通のような。

せめてヤバい取引の証拠見てしまって口封じに殺られるくらいが良かった。

 

それなのにその女の子、クズのくせして被害者ぶってて???

 

生い立ちとか物乞いにお金渡してるの持ち出して本当はいい子アピールしてもムリありすぎる。あなたがPC盗んだせいで何人死んでるんですかという話。

 

バカな自分のせいでいい人が死んでいくって中で、せめて自分が悪かったって自戒するシーンでもあればマシだったと思うけど、PC盗もうとしてたってことを主人公が知っているかどうかも分からなかったから冒頭から終わりまでもやもやが続いた…

評価:3/10点

女の子のダメさが全てをダメにした悲しさ。