ミッション・ブレイブ 欧州警察特殊部隊(原題:Lazarat)

ミッション・ブレイブ 欧州警察特殊部隊

ストーリーは薄味だけどドンパチはちょっと好き。

【作品概要】

公開:2019年

上映時間:103分

監督:ウィリアム・カウフマン

出演キャスト: アーマンド・アサンテ、ルイス・マンディロア、ユーリ・クッシェンコ他

あらすじ

東ヨーロッパのアルバニア。この国の裏社会は、アルバニア・マフィアを率いるペデュラに支配されていた。アルバニア警察のアギム警部は政府のマフィア壊滅作戦の任を受け、少数精鋭の特殊部隊を編成する。部隊のリーダー・レイは、長年の潜入捜査が実りマフィアのメンバー・イリルの逮捕に成功する。その後、レイたちはマフィアが麻薬取引をするクラブを急襲し、売人も逮捕する。さらにイリルからイタリアマフィアとの新たな取引情報を得て、ペデュラ逮捕に突き進むレイとメンバー。しかし、その捜査は善と悪が互いにスパイを送り込み、誰が敵で誰が味方か分からない混沌とした世界だった。

感想

色々事は起こるが薄味すぎて何も響かない…

脚本のせいかエピソードが単発単発過ぎて登場人物に気持ちが乗らないから感情移入できない。

 

かといって単純に感情移入できるようないいキャラしている登場人物がいるかというとそうでもなく…

とてもじゃないけど主人公は短気すぎて潜入操作が務まりそうな気がしないんですが。

 

まあドンパチは結構良かったかな。

特に終盤の謎に強い敵のアクションが、どっちかというとこっちが主人公側みたいだなって思えるくらい奮闘していて面白かった。

というか警察側弱すぎ…

評価:5/10点

ストーリーさえもうちょっとしっかりしていればもっと面白くなれた気がする。