キルレシオ(原題KILL RATIO)

キルレシオ

ヒロインポジなのに部屋の掃除をさせられている様子がものすごくかわいかった笑

【作品概要】

公開:2016年

上映時間:86分

監督:ポール・タンター

出演キャスト:トム・ホッパー、エイミー・ハバーマン、レイシー・ムーア他

あらすじ

通信会社の販売員を装い、あるビジネス会議に潜入したCIA諜報員。その使命は、東ヨーロッパで芽生えたばかりの民主主義を、軍事クーデターから守ること。

感想

スパイでキルレ高いってどうかと思うけど…

そもそも敵部隊弱すぎじゃない?あと市街戦の爆発とかのCGもう少しどうにかならんのか。

 

と不満はあれど普通に面白かった。

敵部隊が弱いのもあり、アクションシーンではバッタバッタ敵を倒していくので爽快感がある。

 

そして一番良かったのはヒロインポジのガブリエルちゃん!

キルレシオ1

お部屋を急いでお掃除するシーンで、“あ゛ーもうっ!”ってなってるとこめちゃくちゃかわいかった笑

主人公側3人ともそれぞれ何かしらの見せ場あるし、要らないと思われるキャラがいなくてみんなカッコイイorかわいいってのはポイント高い。

 

残念だったのは敵側にライバルポジの強敵がいなかったことか。相手トップの将軍やその手下もしょぼさが否めなかったし。

まぁこれは実際に存在する(した)しょぼい軍事政権を考えたら現実に即してるのかもしれないけど。せめてナンバー2かナンバー3あたりに主人公とタメをはれるくらいの戦闘力持った人材が欲しかったかな。

評価:7/10点

お掃除シーンのかわいさだけでかなり強い笑それ抜きにしても十分面白かった。