ディープ・ブルー2(原題:Deep Blue Sea 2)

ディープ・ブルー2

まあねえ、こんなもんだろうと思ってたよ…と期待してなかったけど、でももしかしたら…って希望を打ち砕いてくれる。

【作品概要】

公開:2018年

上映時間:94分

監督:ダリン・スコット

出演キャスト: ダニエル・サブレ、ロブ・メイズ、マイケル・ビーチ他

あらすじ

遺伝子操作されたサメを利用したアクティカ計画が失敗に終わってから19年が経った。製薬会社の大富豪カール・デュラントの決断で研究が再開されることになり、元ネイビーシールズのトレント・スレイターと科学者ダニエル・キム夫妻、そしてサメ保護活動家のミスティ・カルホーンが海底の実験施設に招集される。しかし会社が実験体に使っているのは、海中で最も獰猛な肉食動物であるオオメジロザメだった。薬物を投与されたサメたちは巨大化し、群れのリーダー格であるベラに率いられて人間たちに襲いかかる。

感想

あんまり鮫を描写しないでサメ頭よくてヤバい!をやられてもいまいちピンとこない。

しかもほとんど活躍するのはチビ鮫集団ばっかりだし。

 

前作好きだから絶対最初にやられるのこいつだろって思ってた奴いたけどさすがにそうはならなかった笑

前作の象徴的なシーンだから続編なら踏襲してほしかった気もするけど、まあ今作のも最初のパックンチョはそこそこ良かった、最初だけ。

 

あと前作のコック的立場な面白キャラがいないのがかなりのマイナスポイントだったかな。

何となくそういう位置づけにしたいのかなーってキャラはいたけど、イマイチキャラ付けが出来てなくてどんなキャラなのかが分からないまま終わっちゃってるのがもったいないところ。

 

これだけ期待裏切られてても3作目も一応見てみたいと思ってしまうのは1作目の偉大さか…

評価:1/10点

せめて名作の続編としてでなければサメ映画だなぁーくらいで済んでたのにね。