エリア52(原題CRAWLSPACE)

エリア52

超能力を使っている時の恍惚とした感じが良かったのに進むにつれてイキリ顔になるのが残念だった。

【作品概要】

公開:2011年

上映時間:86分

監督:ジャスティン・ディックス

出演キャスト: アンバー・クレイトン、ディッチ・デイヴィ、エディ・パロー他

あらすじ

オーストラリア、パイン・ギャップ米軍基地。イヴ(アンバー・クレイトン)は気が付くとエアダクトの中にいて、全く記憶がなかった。そこへ特殊部隊のロミオ(ディッチ・デイヴィー)らが突入。しかし基地は、身の毛もよだつ実験によって遺伝強化された患者に荒らされていた。隊員たちは基地から脱出しようとするも、人間の恐怖心を利用した超能力攻撃にさらされ、一行はピンチを迎えてしまい…。

感想

自分のためにホラ吹きまくる奴ばっかで、何が本当なのか分からなくなる。

こっちにそう考えさせてるって点ではいいのかもだけど、さすがに説明がなさすぎる…(最初のゴリラ?も幻覚だったのかとか)

あと特殊部隊員のはずなんだけど、敵いる施設内にいるのに大声で言い争うとか本当に軍人…?って感じなのでもしかしたらそれも幻覚なのかもしれない(自称ソルジャーみたいな…爆

 

個人的には超能力?使っている時のちょっと嬉しそうな顔の演技が良かったのに、終盤になるにつれてイキリ顔になってきてウザくなっちゃうのが残念なところ。

 

そしてデジタルキーボードの光が反射してアルファベットが顔にずっと照らされているのはシリアスなシーンなのに笑いを誘ってきてて困る笑

評価:4/10点

各自の立場に沿った行動をさせていればもっとメリハリが出たかもしれない。軍人は軍人らしくとか。