リーサル・ソルジャーズ(原題:All the Devil’s Men)

リーサル・ソルジャーズ

アクションはそこそこいいのにストーリーが残念。

【作品概要】

製作:2018年

上映時間:100分

監督:マシュー・ホープ

出演キャスト: マイロ・ギブソン、シルビア・フークス、ベンガ・アキナベ他

あらすじ

元ネイビーシールズのジャックは、現在は諜報機関からの依頼でテロリストを狙う賞金稼ぎとして暮らしている。ある日、ジャックはCIAのリーからある依頼を受けロンドンへ向かう。依頼内容は、大統領による暗殺指令リストのトップにいる元諜報員で国際テロ組織のボスの暗殺と、核兵器売買の阻止。秘密裏に結成されたチームとともに任務を開始するジャックだったが、情報がなぜか敵に漏れており、絶体絶命の危機に陥ってしまう。

感想

死んでどうぞな奴らがあらかた片付いたのは好評価。

 

あとアクションも結構迫力あって良かった。

ただストーリーは”ん?”って思ってしまうところが多かったような。

 

CIAの女意味深な合図を部下に送ってたけど何もなく部下が死んでったのは何だったのか?

仲間の死んでいきかたも雑すぎるし…

 

でもまあアクションがそれなりだったので気負わず気晴らしに見る程度には丁度いいかもしれない。

評価:4/10点

もう少しシンプルな作りだったら普通に良かったかもしれない。